宮城県石巻市は19日、被災地復興のため実施したポケモンGOの「ポケストップ追加企画」に1万人を越える来場者が参加していたことを発表した。

さらに、イベント実施時期中に同時に行われていた人気ポケモンのラプラス出現率アップイベントの効果で期間中に約10万人の観光客が石巻市に訪れ、20億円もの経済効果があったとの試算を発表した。


ポケモンGO関係イベントの観光客入込数等について - 宮城県公式ウェブサイト
岩手県,宮城県,福島県及び熊本県は,ポケモンGOなどの位置情報ゲームと連携して被災地域の観光復興を目指しております。

平成28年11月12日(土曜日)に本県が石巻市で実施したイベント「ポケストップ追加企画 Explore Miyagi」には,1万人を超える方々に来場いただいたところです。

また,県の実施ではありませんが,このイベントと時期を合わせて「ポケモンGO」ゲーム内で,人気のポケモンである「ラプラス」が出現しましたが,これによる県内の経済効果等を試算した結果につきましては,下記のとおりです。



1 石巻市の観光客入込数

約10万人(平成28年11月11日(金曜日)~21日(月曜日)までの11日間)

2 期間中における概算観光消費額

約20億円

※ 算出に当たっては,本県観光客の平均消費額を使用し,県産業連関表により試算したもの。

ツイッターでのみんなの反応


ポケモンGOのラプラス出現で宮城県石巻市に経済効果20億円ってヤベェなぁ




ポケゴって本当に凄い。被災地に持ち回りでしたら、政府の景気策よりウマく行くんじゃない?消費が足りない、現地の情報が足りないのもなくなるし




ん?よく考えたらコレ凄い。石巻が幾ら払ったか解らないけど、効果判定出来たわけですよ。CMの効果判定は殆ど出来ないから死に金になったかすら解らず公金の支出として良くない。でもコレなら経済効果以内ならば儲かるのが明白に




レン氏@ゆ実投稿者(活動停止中)返信リツイートお気に入り2016/12/20 19:33:49@mystia_gotiusa
うっわぁ………何割がポケモン目当てなんだろ




それも“「ラプラス」が同県石巻市などに出現した11月11日から21日までの11日間”というのだから、驚きだ。




一時的な催しとして終わらずに 石巻を継続的に唯一の"ラプラスの巣"にしても良いんじゃないかな??




エンタメ。おおっ大成功って言っても良いと思う。スマホゲームへの流れは止められないなのかも





なんやかんや言うても、ポケGOたいしたもんやな。今度は熊本で炎ポケモンやな。




のもっちゃん(投票行く人)返信リツイートお気に入り2016/12/20 20:46:09@papanon72
地域限定カラーとか、数量限定とか、ローカルキャラとコラボとか何も無いラプラスなのにこの集客力。すごいな。




ガルパン祭り8周目 だが、闘いは続く返信リツイートお気に入り2016/12/20 07:20:43@tyokorata
石巻市にラプラスが現れたことで二十億の経済効果があった事を「いい歳した大人が」と切り捨てるか、町おこしでもなかなか稼げないお金を産んだかと考えると深い。
ポケモンの禁止が何を生むかはわからないけど、ポケモンの利用が、カイジの世界観における人一人の人生の額の百倍生み出したわけで




1001オススメ記事@\(^o^)/2016/12/20 21:02:00 ID:pokegogo